スポンサーサイト

  • 2010.12.03 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


冬の香り

 
ご無沙汰しております。与作です。

忙しくなってしまうと、こと日記、Weblogと言うものを記さなくなってしまいますね・・
悪い癖です。多分そう簡単には直らないでしょう(苦笑


少し時間が空いてしまいましたが、「Bass Preamp 黎明」がついに発売されました。

ナインボルト → http://item.rakuten.co.jp/ninevolt/reimei/?scid=af_ich_link_img



「ベース本体を生かす」というコンセプトの元で、バンドサウンドに入った時の所謂「音の抜け」など、実践的な面での考慮を重ねました。


あのアンプで歪みを作る時の感覚を、小さな容に収めました。



プリアンプではありますが、大きく信号を増幅することが出来るので、ブースターやオーバードライブとしてもお使い頂けるかと思います。




黎明を作る際にひとつ拘ったのは「使いやすさ」です。
1ノブ、というシンプルさは誰にでも分かりやすく、そしてペダルを踏めば僕の考える「プリアンプの定義」が少なからず伝わるかと。



これはバリエーションを広げるのも良いかなと思っています。ベーシックに3Band EQは欲しいと思う方もいらっしゃると思うので。検討中ですが。


それと同時にまた次なる製品の開発にも着手しています。なるべく早めに発表したいですね。



それと雨音屋のTwitterアカウントを作ってみました。よろしければ是非。
http://twitter.com/#!/amaneya_ef

併せて「黎明」のカスタムフィニッシュによるワンオフ、「月灯」のカスタムオーダーを賜っております。

興味のある方は是非リプライを下さい。細かい仕様についての打ち合わせはダイレクトメッセージ機能を使って行わせて頂きます。




もう早いもので今年も師走ですね。
風邪が流行っているようなので、皆さんもお気をつけ下さい。

雨続きの昼下がりに。

 さて、夏風邪を引いてしまいました。。

エアコンのつけっぱなしが決定打になったようですね。なかなか快方に向かってくれません。

知り合いにも体調を崩されている方がいらっしゃるみたいで・・・皆さんも気をつけましょう。




近況としては、プリアンプの試作品が出来ました。

個人的にはまだまだサウンド面が詰められるな、というのが率直な感想です。

使用するベース、アンプを生かす、という思考基準。

軽く味付けをしました。あともう少しだけ、現状に加えて違う味付けをしようと思います。

極々近日中に発表出来たらな、と。






ペダルを作る、という行為に対する意識。偉大なる先人たちへの敬意はもちろん、プレイヤーへの配慮、サポートしてくれた方への感謝・・・・・

当たり前に持つべき誠意。


どれが欠けても駄目ですよ。常識と同じ。失ってはいけない。

夏近し。

 

最近の関東はすっかり夏です。天気が優れないと涼しく、というか寒く感じることもあるのですが。


先日、ナインボルトのストア内ページアクセスランキング(5月12日〜18日付け)でなんと3位に!

それだけたくさんの人に見ていただけるとは、とても嬉しいです!!


と、同時にイケベ楽器(リボレ秋葉原)でも取り扱いが始まりました!

これから徐々に扱っていただけるお店も増えてきそうです!



こう、言葉に出来ないほど嬉しいのはたまらないですねー。


精進して参ります。

かわるもの、かわらないもの。

 
お久しぶりです。


東京はもうすっかり夏の気配に満たされていますね。
たまに降る雨が連れて来る涼しさが恋しいです。



ただいまナインボルトで取り扱っていただいている”月灯”を、数箇所マイナーチェンジしました。



それに伴い、商品名は「1Loop Swicher」と改まります。



目立つ変更点は外観と値段ですね。

サウンド面での変化はありません。



リボレ秋葉原(イケベ)の店頭にも、並ばせて頂いております。
機会があれば実際に手にとって見てください。


よろしくお願いします。

言葉遊びの延長線上。

 
先日より、ナインボルトにて1Loop Swicher ”月灯”の取り扱いが始まりました。

こちら→http://item.rakuten.co.jp/ninevolt/amatuki/


ついで、ワールドレポートに僕のインタビューも掲載されています。
よろしければご一読ください。

http://d.hatena.ne.jp/world_9v/20100415/1271336671




僕個人が、どういった考えで製作に望んでいるのかということが、ほんの少しでも伝わればと思います。





今後の予定としてブースターの話をインタビューでもしましたが、恐らくはA/B Boxを先に出すかと思います。



それに伴い、”月灯”も仕様が変わります。もしかしたら、”月灯”ではなくなるやもしれません。


でもそれも仕方ないかな、と思います。
それはなるべくユーザーが手を出しやすいようにするために、品質はそのままに、価格を抑えるという行動に出た際、外観の変更をする必要が出たからです。


”月灯”という作品は、現在のトータルバランスによって成っています。

ペダルにとって大きな特徴である外観を変更する、という行為を受け入れることで、たとえ構造上、品質上同じだとしても、僕にとってそれは完全に別の作品になってしまうのです。

そうなった作品に、同じ名前を与えることは出来ません。



ただの製作者のエゴですが、僕はこの辺を大切にしたいんです。



午前6時、明け方の衝動。

奥さん、赤色ですってよ


今作っているBoosterのデザインの草案ですね。


わずかな赤と橙のグラデーション。
刹那的な衝動に駆られた瞬間の心象風景、爛々と瞬く炎をイメージしました。


BJFEの塗装を目指しつつ、与作の脳内変換によってこうなりましたw



ただこの塗装方法、凄まじく時間が掛かります・・・。

どうにか時間の短縮と工程の簡略さを得られないものか、というのが最近の課題ですね。

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM